ぶっ飛んだ!

昨日に続いての車ネタ・・
通勤途中の「坂井農業高校」山室実習所の畑に、温かくなると活躍する軽トラがこれ・・
d0234293_1463329.jpg

この軽トラ、低木の畑のなかを走り回るんで頭を切ったんやろな~

オイラの家の軽トラも20年乗ったけど昨年、中古の軽トラに入れ替えた・・・
この軽トラをもっと早く発見していたなら、大森「陶彩窯」の専用に改造してたのに・・


この日の朝焼けがすごくきれいでした・・・
d0234293_14131285.jpg

by fujihidecyan | 2012-01-31 05:01 | 風景 | Comments(0)

夕方3人の若者が来店された。(1人は知り合い)
駐車場に面白い車を発見!富山の「光岡自動車」製かな?と思ったけど
側面を見るとミニクラブマンみたいだ!
所有者のお兄ちゃんに「写真とってもいいか?」・・・「OK]のサイン
d0234293_773482.jpg

木製の窓枠がカッコイイ!
d0234293_7135423.jpg

オイラも個性的な、かわゆい車にあこがれる変態おやじ・・・
ホンダシティ・フィアットパンダ・フォード・VW・・乗り換えた車は外車が多いかも・・
一時期フランスのルノーキャトル(4)800ccに乗っていた事がある。
しかし、加賀の「自動車博物館」のおっさんにしつこくせがまれ根負けして売ってしまった。

写真はないが、小松の自動車博物館に行けば渋い若草色のキャトルが観れます。
d0234293_726373.jpg

この車はフランスの農耕車(日本では軽トラ)で後ろの荷台に藁を積んで畑を走り回った
そうです。さすがフランスは農業もオサレ・・・
by fujihidecyan | 2012-01-30 07:31 | Comments(2)

おお忙しい!

レイモン・サヴィニャック展のせいか?それとも福井新聞の「Fu」のおかげか?
金曜日のお客様は「コトノハ」開店最悪の3人・・・
一夜明けて、きのう土曜日は31人のお客様が来られた・・・おお忙しいでした。

家に帰り、うちの人にそのことを話すと「誰がくるんや、あんなとこ・・・」 感じ悪う~
d0234293_1857266.jpg

おなじみ森永チョコレート・・最初違う会社のために作ったらしいが没になり
その後、森永製菓が採用したらしい。
d0234293_1922310.jpg

創作の森HPより引用
1907年フランスに生まれる。牛乳石鹸「モンサヴォン」で一躍有名なポスター作家に。
企業広告デザイン旋風の中で、フランスポスター界の重鎮とされる。
数多くの有名企業のポスターを手がける。2002年、95歳で永眠。
d0234293_1962633.jpg

山下純弘(やましたすみひろ)
この人が今回のサヴィニャックの収集品を展示提供された人である。3月4日の
オープニングに来られ展示品の説明会をしました。

1972年ヨーロッパでの料理修業を経てレストランを経営。そのおりに触れたヨーロッパアンティークの魅力に目覚め、ロボット・クルマなどのブリキのおもちゃを中心にコレクションを開始。自営のレストランを閉め、1991年に「ギィアンティックギャラリー」を設立し運営する。時を同じくしてレイモン・サヴィニャックのポスターに出会い魅了され、原画コレクションを始める。
d0234293_19181623.jpg

ブリキ缶を買ってしまいました。いい色なんです。
d0234293_19202884.jpg

図録も買いました。「コトノハ」においてあります。
d0234293_1923312.jpg

ポストカードも買いました。いい色なんです。

「サヴィニャック展」に来られる方はコトノハに無料招待券があと3枚あります。
600円が浮きますぞ・・・早いもの勝ちかな・・・
d0234293_1927113.jpg

by fujihidecyan | 2012-01-29 05:00 | 作品 | Comments(5)

試農場・・しのじょう

「コトナハ」へ行く通勤の道はオイラ小学生の頃、奥深い山中にありました。
「しのじょう」へ秋になると竹馬の友のSちゃんと「梨」を盗みに行ったことがあります。
好き嫌いの多かったオイラは好きでもない梨を「盗む」という行為に興奮したことを
爺になった今でも記憶しています。
d0234293_753843.jpg

「しのじょう」に行くには駅うらから山室地区に行き、それから木々の生い茂った山中を
テクテクと歩き頂上に着くと広大な果樹園が拡がっていました。

栗畑です。
d0234293_7141838.jpg

成人してから解ったのですが「しのじょう」と言うのは「福井県試験農場」
の「試農場」だったのです・・・・
d0234293_7193233.jpg

毎日通る道ですが、毎日風景が違う「道」なんです。
by fujihidecyan | 2012-01-28 07:23 | 風景 | Comments(0)

フォト五八五・・・


     大雪で 村人町人 大慌て 
俳句は五七五だが通勤途中の車の中でふと・・浮かんだのが五八五でした。
d0234293_1747257.jpg

オイラはママダンプで除雪。大森正人はHONDAの除雪機・・
画面の右端に彼がいます。
d0234293_1751714.jpg

除雪が終わったら青空が!・・・
d0234293_17552183.jpg

なまくらなオイラでも、かまくらは作れるのだ!
d0234293_17524097.jpg

かまくらを作っていたら、ずいぶん昔に行った白峰の「雪だるま祭り」を思い出した。
「コトノハ」の周りでもやれたらいいな~
by fujihidecyan | 2012-01-27 05:00 | 風景 | Comments(2)

音もなくしんしんと・・

太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪ふりつむ
次郎を眠らせ 次郎の屋根に雪ふりつむ
d0234293_22243727.jpg

夕食後知らない間に、こんこんと寝ていた。目が覚めた。うちの人がテレビを見ていた。
窓の外をのぞくと、しんしんと雪が降っていた。工房からしばらく外を眺めていた。

太郎を眠らせ・・・・小学生のとき習った三好達治の「雪」という詩である。
d0234293_2251352.jpg




今朝の「コトノハ」のレンガの上の雪はこんな程度でした。
d0234293_22434434.jpg

昼間は青空も一時は出たのに・・・
d0234293_22471571.jpg

by fujihidecyan | 2012-01-25 22:52 | Comments(0)

キトテノワ

福井のとっておきのカフェ46軒を紹介した雑誌「CAFEの本」の表紙に
「キトテノワ」の写真が使われている。
鋳物師(いもじ)焼の次の目的のお店に行った・・・
d0234293_23484716.jpg

cafe本に店内の写真はいっぱい載っていたので想像はついていたが、思ったとうりの
若い女の子が好みそうなインテリアであった。
d0234293_23525397.jpg

お客さんがいっぱいで写真は撮りにくかったけど、店主の許可をもらい撮らせてもらった。
d0234293_035762.jpg

厨房とホールと店主の合わせて4人が働いていた。
何処かのcafeのおっさん一人とは違うな~って思った
d0234293_0135490.jpg

ランチの時間はとうに過ぎていたけど、黒板のメニューの文言を見たら食べたくなった。
d0234293_0121971.jpg

無添加や有機栽培ものにこだわりがあって、三国の「カルナ」のジェラートや
「きっちょんどん」の豆腐も食材に使われているみたいだ・・・
カレーは美味しいと素直に思ったが武生の「ダンダダ」の味のほうが「プロ」を感じた・・
d0234293_0245680.jpg

珈琲を飲んでみた。偉そうなことは言えないが駄目だった・・・
建物の外観とロケーションと珈琲以外は参考にしたい!もう一度行ってみたいお店である。
d0234293_0315632.jpg

by fujihidecyan | 2012-01-25 05:00 | Comments(2)

敦賀には・・

敦賀には鋳物師(いもじ)焼という昭和の初めに陶芸を始めた、(故)喜多村作太郎さんから現代まで3代目へと代々受け継がれたやきものがある。
貝を焼いた灰でつくる「貝釉」を使ったやわらかい感じが特徴である。

作品を観たかったのだが、只今他県で作品展のため物がないとのことでそっけない返事・・
写真は写してこなかったが、戦前に建てられた酒蔵と作業小屋は海辺にあったものを
「曳き家」して現在の処に移築したらしい。
d0234293_7153643.jpg

この作業場が「雑貨」の店で、なかはなかなかのセンスの良さが光っていた・・・
オイラもこのくらいの規模でcafeがしたいと思っている。カウンターとボックスひとつ
の一日数人しかお客が来なくて、いつでもギターの練習や落書をしていたい・・・
d0234293_7234739.jpg

「ふちがみとふなと」という以前タナカマナブ君と観に行ったことがある三味線
弾いて世の中を風刺する凄く面白かった歌手?のCDが売っていたが、迷ったあげく
やめた・・
その変わりでもないが、チーク材の小さな棚板を買った。「コトノハ」の案内板作ろう
と思って・・・・
明日に続く・・・。
by fujihidecyan | 2012-01-24 07:54 | Comments(0)

こんなものが・・・

オイラ若いときから変な「癖」があってレトロで小さい物を見つけると
欲しくなる、集めたくなる、いわゆる「収集癖」という癖があります。

昨日も以前新聞記事に敦賀のお茶屋さんが、レトロなミニチュア茶箱を発売したという
記事を見つけ休みに買いに行こう!と決めて遠路、敦賀まで行きました。
d0234293_723653.jpg

新聞記事の写真に写っていた女性が応対してくれて「ご本人さんですか?」と聞くと
「お恥ずかしい・・」と答えたので「そんな恥ずかしい顔じゃないですよ」と言ったらうけた。
すごく感じの良い女性でした。
店内にレトロなポスターが貼ってあったので「くれくれ!」とせがんだが、まず無理・・・
でもしつこく「なんかねんか・・」と言うとはがきを額から外して一枚くれた・・せがみ勝ち
d0234293_7565098.jpg

嬉しかったので他に商品を買って店を出た。その後敦賀には「鋳物師(いもじ)焼き」の
ギャラリーと雑貨を商ってる店があるので訪ねた・・・・
d0234293_824240.jpg

続きは明日か明後日・・・・それじゃ
by fujihidecyan | 2012-01-23 08:04 | Comments(1)

早朝の霧の朝・・

いつもの如く早く目が覚めた・・・
新聞を取り込むのに外に出ると、辺りは霧の世界・・
工房のうら玄関から見えた近所の駐車場の常夜灯が霧の中で綺麗でした。
d0234293_5373389.jpg

昨日は出張蕎麦会で「コトノハ」は休み。何人かのお客様が来られていたが・・・
きょう日曜日も休み。土日に休んでいいのか!と思いつつ自分を優先・・・

40年前に勤務していた松下電器産業株式会社は当時すでに週休2日制だった。
一日目は休養日、二日目は教養日として社訓にあった。
そう!今日はオイラの教養日なのだ。嶺南にあるカフェで何かを探しに行こう・・・
by fujihidecyan | 2012-01-22 05:54 | 風景 | Comments(2)

珈琲と焼き物とアンティークと蕎麦と駄洒落のおやじが始めたふざけたcafe