今宵、月の明かりに

何気に2階の部屋から工房の屋根を見たら、月明かりが映って神秘的だった・・
d0234293_20465391.jpg

もうじき満月・・・
d0234293_20533720.jpg

工房の隣の畑に曼珠沙華が咲いていた・・白は珍しいらしい・・
d0234293_2111663.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-28 20:58 | 風景 | Comments(0)

月と蕎麦畑

月を見ながらそばを見る・・・これを「月見そば」と言う・・・

コトノハの蕎麦を作っている「藤田さん」ちの蕎麦畑を見に行った。
働きものの父ちゃんと奥さんの二人が農作業に精をだしていた・・
東の空に月が・・・今夜の月は十三夜
d0234293_19172660.jpg

西の空に夕陽が沈む・・・
広大な蕎麦畑を眺めていると心静かになってくる。
煙草に火を着けた・・今日も元気だった煙草が美味い
d0234293_19192832.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-27 19:26 | 風景 | Comments(2)

白い器と赤い器

親戚に用があってうちに人と出かけた。行き先は「福井市光陽」辺りなので晩飯は
「岩本屋」でラーメンでも食べようか?と決めていたのだが、知り合いの「堀北真希」
似の女性(が、いたら最高!)の言葉を思い出し「麺屋 輝之介」に行ってみた。
d0234293_6572167.jpg

外観も店内の内装もラーメン屋らしからぬ趣で、ラーメン屋やめたらすぐにでも
cafeができる雰囲気でした。

カウンターの前に座ったら店の入り口に券売機があるのに気が付き、慌てて購入・・
歳とると周りに気が付かないと、老夫婦を実感!
メニューもカウンターに備えてあったのだが、文字が小さくて読めない!老夫婦を実感!
d0234293_722683.jpg

うちの人は「黒とん」オイラは「赤とん」ラーメンを注文
d0234293_711564.jpg

店内は大きな声が飛び交う店と違い女性ならではの心遣いが感じられた店である。
厨房には女性の調理人と給仕の若い女性と二人しかいない。忙しいときは・・・?
「どうするんやろ~」・・・と余計な心配をした。
壁のあるボックス席。これなら女の人一人で来ても気兼ねなく食べれる。
d0234293_72141.jpg

ライスが変形のおしゃれな器に入っていた、んが量と値段がつりあわない・・
d0234293_7225325.jpg

老夫婦にはこのラーメンはおもすぎた・・!シナチクの代わりの筍は美味い!
店を出た後に親戚のYさんの家に向かったのだが、何度来ても家が覚えられなくて
迷子になってしまい電話をかけて家の前に出てむかえてもらった始末・・・スミマセン

暫くだけおじゃまして帰ったのだが、逆に「甘福」のあべかわを頂いてしまった・・・
帰りの車の中でYさんの話をした。「よう気が利く人や」「自慢をしない謙虚やしな~」
今夜はラーメン屋と親戚のYさんに「心遣い」の勉強をさせてもらった・・・
d0234293_7592475.jpg

むしゃむしゃと8割ぐらい食べてしまったら、うちの人の「言葉のげんこつ」が飛んできた!!
そのあと「ガリガリ君」のアイスを食べたら満腹になり、夜中まで爆睡した・・。
by fujihidecyan | 2012-09-27 08:12 | Comments(3)

中華3品

古くからある、よく流行る中華料理屋さんである・・・
d0234293_721185.jpg

ザーサイを注文した。オイラ「コリコリ系」が好きなのである。
d0234293_75032.jpg

野菜嫌いなオイラが野菜炒めを注文した・・・残さず完食。「野菜は摂らにゃいかん!」
d0234293_782424.jpg

定番のから揚げ・・たれがかかっていた。プラス「めしの大」ひとつ・・・

カウンターの前に座ったので、堂々と店内の写真は撮れなかったが、満員だった!
調理場のお兄ちゃんがハンサムだった。涼しい目をしていて「天草四郎」の雰囲気がした。
天草四郎がどんな顔をしてるか全く知らないが、なんか?そう思った・・・

店の外観も撮り忘れたが「福寿」という店です。
by fujihidecyan | 2012-09-26 07:19 | Comments(1)

昼飯とおやつ

昭和な店で昼を食べようと福井市内へ出かけた・・・
店名は聞いたことはあったのだが入るのは初めて・・・魚フライ定食を注文した。

奥の座敷に四~五人の客・・メニューの陰に男の人が一人いた。
ソファーが喫茶店風でいい!間違いなく昭和の物・・・
d0234293_17172736.jpg

量も味も昭和の雰囲気がした。フライが少し、揚げる時間が長すぎた感がある。
d0234293_17223169.jpg

街中の食堂・・・でした。
d0234293_17261565.jpg

おやつは「アッポ」(ジャイアント馬場ではない!)

家を出るときに「さわちん商店」さんのブログを見て、「アップルパイ」を買いに行こう!
と今日のスケジュールに入れた。
d0234293_17361535.jpg

以前、現西武横・放送会館隣・森田・福井駅東・・(オイラの知る限り)と、お店が移転して、
うちの人は最後の閉店のときも買いに行ったアップルパイです・・・
d0234293_17375224.jpg

「さわちん」さんご夫婦と同じパターンで2階の喫茶コーナーで食べました。
美味かった!!!飲み物とセットで550円は安い!珈琲が200円の計算になる!
d0234293_17434021.jpg

オーナーパティシェ一人でやるには「アップルパイ」を作るのが精一杯でこだわりを
持った方で「URARA]の取材にも「忙しくなるのは嫌!」と言って拒否したそうです。

具財のりんご「紅玉」は10月ぐらいまではストックがあるらしい・・・
「今度こられるときはTELしてから」と言ってショップカードをくれた・・・
by fujihidecyan | 2012-09-24 18:30 | Comments(3)

雨が・・・

昨日のマルシェは昼から突然、雨が降りだして残念・・・出店の方も寒かったですネ
今朝、目が覚めても雨が・・・きょうは「親爺の雲隠れ」の日なのにブラ撮りに行かれん!

あさ10時頃、準備ができたころは良かったんですがネ・・・
d0234293_718534.jpg

メロンを買いました。
蔓がYの字に見えたので「わいのメロンや」と言ったらmさんに「座布団3枚」って
言われたんですが、ほんとは寒かったのでは・・・
d0234293_725737.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-24 07:55 | 風景 | Comments(4)

静かな秋の朝・・・

早めに店に行った・・・
朝露に濡れた秋草が朝の光に輝いていた・・・オイラみたいだ!と独り自己満足。
d0234293_7322549.jpg

お客さまから頂いた・・金沢の「不室屋」の麩菓子である。食べだすと止められない!
「麩」・・なので「ふっ・・」って言わないでくれ!
d0234293_7363372.jpg

きょうはマルシェの日・・・雨が・・・!
d0234293_743234.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-23 07:43 | 風景 | Comments(0)

旬のもの・・

コスモスが咲いていた。オイラの昔の彼女「山口百恵」も「秋桜」という歌を唄っていた。
百恵ちゃんは元気だろうか?・・・・
当時オイラは、百円玉のことを「もも円玉」とよんでいた。
d0234293_1847753.jpg

コスモスが咲いているのに夏のひまわりが咲いていた。
このはなは「向日葵」なのだろうか?ちょっと変なので「へんまわり」かも?
d0234293_1851798.jpg

夕陽の蕎麦畑を撮ろうと、店を閉めてから芦原北潟に向かった・・・
夕陽が「蕎麦の側」にあった。
d0234293_1852538.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-22 05:00 | 風景 | Comments(2)

通勤途中に変なものを発見!ホウキをさかさまにしたみたいだ。
空を掃除するホウキかも?
d0234293_7161966.jpg

何気にコトノハの入り口のドアから外を見たら・・・
物が2重にみえた・・・
d0234293_7202922.jpg

続いて変なおとさん・・・
清水町の老人の差し入れの「ハーゲンダッツ」・・おとさん、「カダラ」に悪いと思い
冷凍庫の奥深くに隠してあったのに「ふと・・」思い出して食べていた・・どもならん!
by fujihidecyan | 2012-09-20 07:20 | 風景 | Comments(2)

路地祭の戦利品

路地祭でガラス作家の作品を展示販売しているお店がありました。
女性の作家で「keis an」工房って書いてありました。
「ふれあい若狭」でも放送されたみたいです。

夏は過ぎようとしてますが、「コトノハ」で使うつもりです。
夕方来られたNさんが「このコップ曲がっているのがおもっしぇ・・」
「ほやほや、店のおんさんら二人も、こんじょも顔も曲がってるでの・・」爆笑!
d0234293_7265526.jpg

ひと月たつのは早い!今週末は「コトノハのマルシェ」の日です。
d0234293_7525281.jpg

by fujihidecyan | 2012-09-19 07:55 | 器・ガラス | Comments(3)

珈琲と焼き物とアンティークと蕎麦と駄洒落のおやじが始めたふざけたcafe